2011年9月19日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第7回「世界一の『夢みなとタワー』」

 


「ジオパーク」とは(まだまだつづくよ)

数日前に、国際格式の「世界ジオパーク」は「洞爺湖有珠山」「糸魚川」「島原半島」「山陰海岸」の 4 つしか無い……と書いたばかりなのですが、つい先日、「室戸ジオパーク」がめでたく「世界ジオパーク」に認定されたので、国内の「世界ジオパーク」の数は「5 つ」となりました。

……もっとも、これは「世界遺産」もそうなのですが、認定されることはゴールではなくて「スタート」でしかないので、せっかく勝ち取った「世界ジオパーク」の肩書きをどう活かすかは、これからの課題ですね。

ちなみに、「隠岐ジオパーク」が「世界ジオパークネットワーク」の審査を受けるのは来年の 9 月とのこと。応援していきたいですね……!

Day 2 スタート!

さて。Day 2 の話題です。この日は松江市の七類(しちるい)港に移動して、14:45 発のフェリー「おき」で隠岐の島町の西郷港に向かいます。到着後にオプショナルなプランもあるのですが、それはまた追々と……(お楽しみに!?)。

旅程を地図に落とすとこんな感じです。


いつになく青い地図ですねー(笑)。総移動距離は約 182.3 km で、所要時間は 6 時間 21 分と言うのですが、七類-西郷間を「161 分」で計算しているので、実際はもうちょっと見ておいたほうが良さそうです。

フェリー「おき」は、14:45 に七類を出発して、西郷に到着するのは 17:10 です(これだけで 145 分かかる)。更に、カーフェリーですから出港 30 分前には FT に到着して乗船手続きなどを済ませておかないといけません。実際には 3 時間近く見ておく必要があるかと思います。逆に言えば、普通のカーフェリーでも、片道 3 時間で隠岐まで行ける、ということですね。意外と近いような……。

東洋のハワイは健在だった

鳥取から松江市郊外の七類港までは 100 km ちょいしか無いので、何も無ければ 3 時間もあれば楽勝なのですが、何しろ「お盆」なので、50 % 近い安全係数をかけて朝の 8 時前に出発です。それにしても、いやー、いい天気です!


国道 9 号線は、ところどころに高規格道路もあるのですが、いわゆる「一般道」の区間も多く、気が抜けません。もっとも、想像していたよりも交通量が多くなかったので、それほどストレスは感じなかったのですけどね。


「東洋のハワイ」として名高い(?)「羽合温泉」のあたりにやってきました。最近は「ハワイ」ネタは枯れてきたのかと思っていましたが、


堂々と健在です(笑)。

世界一の「夢みなとタワー」

さてさて。この日は前述の通り、表定速度 30 km/h × 安全係数 50 % で計算していたのですが、目立った渋滞もなく、かつ平均して 40 km/h 近いペースで移動できたため、結果として時間が大幅に余ってしまいました(←)。ということで、「同乗者 1 号さん」のこの日の目的地、「夢みなとタワー」(境港市)に同行することとしました。


ドーム状の建物の後方に「そびえる」タワーが見えますでしょうか!? はい、この「夢みなとタワー」、高さ 43 m を誇る「世界一の」タワーなのだそうです。

中に入って見ましょう。


この写真には入っていませんが、左の方になにやら長~い行列が……。どうやらこの「タワー」には水族館が併設されているようで、そちらのほうに長い列ができていたのでした。

切符を買って、中に入りましょう……。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク