2011年9月22日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第10回「境港で見かけた変なもの」

 


「夢みなとタワー」の変なもの

境港市の「夢みなとタワー」で見かけたものがなかなか変なもの揃いだったので、もう一回続けます。

地方自治体は今(その1)

まずはこちらから。


「県外ナンバーの自動車を保有されている方へ」に「鳥取ナンバーに変更して納税を!」というアピールのようです。地方自治体はどこも税収の確保に躍起ですからね……。

地方自治体は今(その2)

「地方自治体は今」シリーズ第 2 段はこちら。


境港市観光支援自販機」とあり、「この自動販売機による売上金の一部は境港市観光協会の事業に活かされます」とあります。それはまぁ良いのですが、フォントが「淡古印体」なのがとっても気になります。「境港市観光協会」=「ホラー」という理解でいいのでしょうか?(←

地方自治体は今(その3)

「地方自治体は今」シリーズ第 3 段。


境港市のパブリックイメージはこんな感じだそうです。ねずみ男があちこち闊歩する街、ということでいいのでしょうか?(←

頭隠して……るか?

この写真は、柱の裏側から撮影したものですが、


この「おいしいプリン」の案内、掲示する気があるのか、それとも隠しているつもりなのか……。

推定無罪は通用するか

手前には「第五回『妖怪川柳』コンテスト」の優秀作?も掲示されていますが、


水木しげるさんが選ぶ番外編はこちら。やたらと「貧乏神」が跋扈する中、「ろくろっくび」の句の無邪気さが光ります。首を伸ばした時点でモロバレではないかと……(←

今週の江戸川さん

「貧乏神」ならぬ「疫病神」として有名な江戸川さんですが、


「砂丘らっきょう」泥棒に対してもこの真剣な表情で全力疾走です。素晴らしい。

お隣の国から

なぜこんな所にマトリョーシカ? という話なのですが、


そう。日本海の向こう側はウラジオストックなんですよね。「DBS クルーズフェリー」という国際定期貨客船が境港からウラジオストックまで(韓国経由)で出ているのだそうです。貨客船といっても万景峰号じゃないですからね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク