2011年9月29日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

隠岐汽船「フェリーおき」特別室 乗船記

 


この船はいつか見た船……

無事、「フェリーおき」の車両甲板に車を積み込み終わったので、旅客甲板に向かいます。


あれ、この雰囲気は……。


階段の真ん前に「案内所」があったり、あるいは


ドアの上の行灯?が光ったり。これ、「新日本海フェリー」の船舶と雰囲気がとても似ています。メーカーが同じなのかな? とも思ったのですが、新日本海フェリーの「はまなす・あかしあ」は三菱重工長崎造船所ですし、「すずらん・すいせん」は石川島播磨工業のようなので、……となると偶然なんでしょうかね?

夜はクネクネ、船はウロウロ

せっかくなので、ちょっとウロウロしてみます。とても幸いなことに、ウロウロできる状況なのです(謎)。


なんか、ちょっとオサレに寛げそうな場所を発見。奥には自販機もあります。


そして洗面所もあるのですが……


なぜか「使用禁止」の貼り紙が。何故でしょう……?



船ならではの過ごし方

2 等船室をウロウロしていると……。


「貸 碁・将棋」の文字が。2 時間半から 3 時間の間、無聊を紛らわせるにはうってつけかも知れませんね。あるいはカーペットに横になるという手もありますが、


こちらは 1 枚 30 円なのだそうです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク