2011年10月16日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

隠岐ジオパークの旅 (29) 「中村の『かぶら杉』」

 


隠岐三大杉?

「銚子ダム」の次にやってきたのが……こちらです。


県道の「新武良トンネル」を抜けたすぐの所にあるのが……


「樹齢 約 800 年」シリーズが続きましたが、こちらは「約 600 年」。まだまだ青臭いところが残ります(どこがだ)。

中村の「かぶら杉」

どどーんと引いて見てみると……こちらです。


こいつはまた……、「枝」が「幹」っぽくなるという、このあたりの杉の特徴がモロに出ている巨木ですね。アングルを変えてもう一枚。


案内板もちゃんと整備されています。


先日ご紹介した「乳房杉」も「岩倉の乳房杉」と呼ばれているようですが、こちらの「かぶら杉」も「中村のかぶら杉」とされていますね。こちらも「岩倉の乳房杉」と同じく天然記念物のようです。

この「かぶら杉」、「かぶら」は元西武ライオンズの……じゃなくて(←)、「鏑矢」の「鏑」なんでしょうか。確かに鏑矢は鏃が U 字状になっているっぽいので、この杉の形からカブレラ……じゃなくて「鏑」を連想するのはたやすいのかも知れません。

このオブジェは?

「かぶら杉」は、県道のすぐ傍にあるので、容易に近くまで行くことができます。


手前に何やらオブジェが見えます。


ふむふむ……。何でしょ、これ。


……なのだそうです。さすが水木先生、鳥取県のみならず島根県にも……。

路線バスも止まります

ちなみに、ここには「隠岐一畑交通」のバス停もありました。


通院のお客さんがメインなのであれば、公益性が高いと思うので、是非とも維持して貰いたいものですね。まぁ、仮にそうだとすると、ここで乗り降りするお客さんは少なそうな気もしますが。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事