2011年10月19日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第32回「隠岐の『あじさい』はひと味違う?」

 


「白島」と書いて「しらしま」と読む

「海苔田ノ鼻」の次は、「白島崎展望台」に向かいます。島後の最北端、ですね。あ、「白島」と書いて「しらしま」です。広島の方は読み方にご注意ください。


車で移動中に、(助手席の)S さんの携帯に着信が。どうやら NHK 関連の方からの連絡のようです。車を走らせるとやはり電波が不安定になるので、一旦路側に車を停めて電話して頂くことに。

無事、電話も済まされたようなので、再び「白島崎展望台」に向けて車を走らせます。「海苔田ノ鼻」からは 10 分ほどで駐車場に到着です。


うーん、ちょっと露出オーバーでしたね……。残念。

大人の事情?

駐車場には「白島めぐり 遊覧船時刻表」の看板がありますが、肝心の時刻については何故か隠されてしまっています。どうやら「大人の事情」があるようですね。


遊覧船に乗れば、「海苔田ノ鼻」の「よろい岩」や「かぶと岩」を見ることもできたのかも知れませんが、ここではとりあえず遊歩道を歩いてみることに。

ここでも「あじさい」

色とりどりのあじさいが目を愉しませてくれます。


あじさいの花は梅雨時のものだと思っていたのですが、隠岐ではお盆でも花が見られるのですね。そういえば竜飛岬の「階段国道」でも、あじさいの花は 8 月に咲いていましたし、北海道でも「あじさいは 8 月に咲く」と聞きました。隠岐は青森や北海道ほど寒くないのに、同じ時期にあじさいの花が咲くとは不思議なこともあるものですね。

遊歩道をさらに歩いていくと、北斜面にもあじさいの花が。


ここで S さんから衝撃の事実が明かされます。なんと、ここのあじさいの花は 6 月頃に咲き始めて、12 月頃まで咲いているものがあるのだとか(!)。内心「んなアホな!」と思ったものの、確かに 8 月に大輪の花を咲かせている時点で季節感がズレているのも事実なわけで……。白島海岸のあじさいは、まだ今も花開いているのでしょうか?

海の上の見えない国境線

「白島海岸」の名のもとになった(?)「白島」が見えてきました。


そして、手前に何やら案内板が見えるのですが……。拡大しましょう。


これはまたユニークな……。「尖閣諸島 1,503km」「1,366km 国後島」「対馬 434km」そして「竹島 161km」。いずれも領土問題からみの地名……なのですが、「対馬」についてはさすがに勘弁して貰いたいですね。対馬には領土問題は存在しない!と胸を張って言い切りたいです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク