2012年2月10日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「はまなす」スイートルーム "Orion" 乗船記(海の上での過ごし方編)

 


海の上でのお作法

敦賀から苫小牧東までは、およそ 20 時間弱の航海です。食事は朝と昼、そして夕食の 3 回で、それ以外はのんびりゆったりと過ごすのが海の上でのお作法です。

こんなものもあります

今回も幸いなことに個室の民なので、空き時間は部屋でゆったりと……ということで、


ティーセットも完備?ですし、


DVD プレーヤーも常備です(他の部屋でも、案内所でレンタルしてくれるそうなのですが)。


洗面所にも、ホテルの一室のようなアメニティグッズが完備されています。

船舶っぽい所を探すと

ここまでは、ホテルの部屋と大差ないのですが、いかにも船舶っぽい所を探してみると……


テーブルが、しっかりとアンカーで固定されていたり、


DVD プレーヤーや液晶テレビが置かれているテーブルも、実は壁にしっかりと固定してあったりします。

午前中の一大イベント

午前中の一大イベントが、僚船とのすれ違いです。


今回の部屋は右舷だったので、部屋からすれ違う僚船を眺めることができます。ついでに言えば「はまなす」「あかしあ」型の特徴として、スイートと特等船室には「オープンデッキ」があるのですね。


このように、各部屋ごとに「ベランダ」のようなオープンデッキが用意されているのですね。本来、敦賀・苫小牧東航路を担当している「すずらん」「すいせん」にはこのオープンデッキが存在しないので、今回は「はまなす」で得をしたなぁ、と思ったわけです。


オープンデッキに出て、コンデジで目一杯ズームすると、この程度の写真を撮ることができます。

部屋での過ごし方

で、部屋の中でどう時間をつぶしていたかと言うと……


わざわざスピーカーを広げて音楽を聴いたりしていました。あとは DVD を見たり。全く退屈することはありませんでした。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク