2012年2月16日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (3) 「ほぼ定刻に再上陸」

 


見えてきました

新日本海フェリー「はまなす」が苫小牧東 FT に到着するのは、時刻表通りだと 20:30 の予定です。そして 20:20 にテラスから外を見てみたところ……


おお! ターミナルやブリッジがこんなに近くに見えます。さすがにそろそろ車両甲板でスタンバイしないといけませんね。車両甲板に向かいましょう。



曰くありげな鉄板の下には

「はまなす」と「あかしあ」の車両甲板は 3 層構造になっています。この、ちょっと曰くありげな鉄板は、実はせり上がるようになっていて、下層へのスロープが現れる……という仕組みです。


ただ、この日はそこまで混んでいなかったので、もしかしたら最下層の車両甲板は使っていないのかもしれません。

どこかで見たことのあるクルマ

そして、その怪しげな鉄板の隣には……


どこかで見たことのあるクルマが。とりあえず、運転席でスタンバイです。

ほぼ定刻着

20 時 28 分。まだドアは開きません。


20 時 34 分。係の人の動きが慌ただしくなってきました。


1 分後、ドアが開き始めました!


20 時 38 分。下船開始です。


さぁ、北海道に再上陸です!


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事