2012年2月21日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「札幌プリンスホテル」編(つづき)

 


えー、というわけで、札幌プリンスホテルの話題を続けます。

正式名称求む

デスクの横にはスーツ掛けが。……あれ、これって正しくは何と言うんでしたっけ?


そして、その中には……


海外のホテルでおなじみの、ナンバー式セキュリティボックスが。海外からのお客様への対応もバッチリなのはさすがです。

薄い冷蔵庫

ベッドとバス・トイレへのドアの間には……


これまたコンパクトなポット台です。そして、この奥行きにぴったりサイズの……


冷蔵庫です。いやー、ここまで薄い冷蔵庫も久しぶりに見ましたね(笑)。

バス・トイレ

そして、「薄い冷蔵庫」の隣のドアを開けると……


バス・トイレです。……さすがにバス・トイレはそれほどコンパクトでは無く、それなりのサイズですね。ちょっと安心しました。

洗面台

洗面台は……


モスグリーンのワンポイントが光りますが、全体的におとなしいデザインですね。いや、このカラーリングがおとなしいか。鳥取の某ホテルのような「冒険」はできなかった、ということでしょうか。

トイレと内線電話

トイレは……


TOTO のウォシュレットです。ブランドものですね(笑)。そして、トイレ近くの壁には……


フロント直通?の電話があります。赤坂プリンスホテル(あ、「グランドプリンスホテル赤坂」か)にあったものには「ご気分の悪いときやおこまりのときは、受話器をお取りください。40秒後に交換手が応答します。」という名台詞?が書いてあったのですが、これにはさすがに「40秒後」の文字は無いですね。あ、でも、ここは自分でダイヤルしないといけないのか。うーむ。

バスタブ

バスタブはこんな感じです。


うーん。これは……。狭くは無いですけど(以下略)。

水栓は昔ながらのタイプで、シャンプーとコンディショナーも


ビジネスホテルで良くあるタイプのものです。……これって何度か押さないとシャンプーが出てこなかったりで、イマイチ好きになれないんですよねー。ふつーにポンプ式のボトルを置いてもらうほうが嬉しいんですが。うーん……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク