2012年4月20日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (39) 「ウトロ? 宇登呂?」

 


ナビ曰く

この日は 8:15 頃に出発したのですが、9 時前に再びナビをチェックしてみたところ……


「予想到着時刻」が「 1:03 pm」に(汗)。ここまで早着が見込まれるのも久しぶりの事態です。もしかしたら初めての事態かも知れません。

日本至る所に江南あり

さてさて、ここからは除雪が終わって開通したばかりの知床峠に向かいます。知床峠のベースキャンプとなるのは、皆さんご存じの斜里町ウトロです。


「江南」と言えばなんだか名古屋っぽいですね……。由来は家に帰ってから調べてみます。斜里に行くには直進ですね。

ウトロ方面はこちら

およそ 5 分後。


うわ(笑)。五叉路崩れ?の交差点につきあたりました。ウトロに向かうには「左斜め」に進めば良さそうです。

宇登呂方面もこちら

数分後。


今度は「ウトロ」ではなくて「宇登呂」行きの案内が出てきました。いや、カタカナでも漢字でも同じ場所を指しているんですけどね。昔は「宇登呂」表記が多かったようですが、最近はすっかりカタカナの「ウトロ」ばかりになりました。でも、こうやって道路案内には残っているんですね。

クランク状

さらに数分後。


またクランク状の踏切です。線路と道路が斜めに交叉している場合は、道路側をねじ曲げて直角に近い形で踏切をつくるしか無いのですが、短い間にこうも続くと……。

というわけで、クランク状の踏切を渡ります。


ここの案内板も、漢字で「宇登呂」ですね。



斜里町へ

はい。ようやく「斜里町」に入りました。


とは言っても、斜里の中心地からウトロまでは結構な距離があるので、まだまだ先は長いのですが……。

そして、またしても

まっすぐ行けば斜里経由でウトロまで行けるのですが、ちょいと以久科(幾科)のあたりを回っていこう……ということで、ここで右折することに。


すると……


またしてもクランク状の踏切が。orz


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事