2012年4月30日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

泰緬鉄道乗車記 (10) 「カンチャナブリー到着」

 


カンチャナブリー到着

トンブリーを 7:50 に出発したナムトク行き 257 列車は、10:35 にカンチャナブリーに到着しました。


ここの駅舎も、赤い屋根と黄色い壁です。


"Welcome To Kanchanaburi" の文字が光りますね。


それもその筈で、カンチャナブリーの次の駅は、名にし負う「クウェー河橋梁駅」です。欧米からの観光客も多いようですね。

車掌さんおつかれさまです

車掌さんが降りてきました。休憩でしょうか?


駅舎の前には鉢植えの花が。色鮮やかでいいですねー。



カンチャナブリーで降りる人は

カンチャナブリーは、バンコクから高速バスが出ているほどの街なので、てっきり多くの人が降りるだろう……と思ったのですが、


意外と降りてくるお客さんは多くないようで。

ダンカン似

車内では、氷水で満たされた袋に缶ジュースを入れて売り歩いているおじさん(ダンカン似)がいるのですが、


このお店の横で氷(あるいは水)を補給していました。さすがに 2.5 時間も経つと氷も溶けてしまいますからねぇ。

増結完了。出発!

さてさて。カンチャナブリーでは客車の増結作業があったので、10 分ほど停車していたのですが、


ようやく増結作業も完了したようなので、出発です!


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事