2012年5月5日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

泰緬鉄道乗車記 (15) 「たぶんバンカオに到着」

 


今はどの辺?

カンチャナブリーからナムトクに向かって「泰緬鉄道」を旅します。カンチャナブリーから先は、とにかく至る所で写真を撮影して、後で Google Map と突き合わせて……と考えていたのですが、なかなか位置関係を把握するのに手こずっていまして、はい。


というわけで、もう一つの参考資料、靖国神社の「遊就館」に掲示されていた「泰緬鉄道要図」と照らし合わせてみましょう。

Wang Yen ってどこだ?

昨日の記事の時点では、おそらく Wang Yen という駅まで辿り着いたと考えられます。ただ、この「──要図」には「ワンイェン」という駅が見当たりません。根拠の無い推測ですが、この図で言う「ターポン」が、今の Wang Yen である可能性がありそうです。

となると次は「バンカオ」なのですが……おや?


"Wang Takhian" という駅が見えてきました。そして、


停止したのはほんの一瞬で、すぐに出発して行きました。まだ「バンカオ」には到着していない筈なので、この駅は後に追加されたもののようです。

明るい農村

車窓には、作業に精を出す農家の皆さんの姿が。


ところどころに、いかにも熱帯っぽいシュロのような木も見えます。


一面に赤い土が広がっています。


これがどうなるかと言うと……


こうなるようです。この木は「椰子の木」じゃないかなーと想像しているのですが、いかがでしょうか?

Ban Kao(たぶん)に到着

Wang Yen(たぶん)を出発してからおよそ 15 分後、Ban Kao(たぶん)に到着です。


えー、ホームは反対側なんで、こんな写真しか撮れていません。ただ、こんな風に畑と牛しかいないんじゃないかと思っていると、


突然なにやら学校っぽい建物も。このコントラストには驚かされます。タイって豊かなのかそうでも無いのか、良くわからなくなる瞬間です。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事