2012年6月5日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (44) 「まわってまわってまわってまわーるー」

 


まわってまわってまわってまわーるー

さて。斜里町「朱円」をさて何と読む? という話ですが……。まさかの「しゅえん」が正解です。そう、そのまんま、なんですね。

ただ、もともとは「朱円」と書いて「シュマトカリ」と読んだのだそうです。確かに「円広志」なんて人もいるので、「円」を「まどか」と読ませても良いでしょう。でもそれだと最後の「り」はドコ行った!? という話になるわけでして……。

「無理繰り系」のアイヌ語地名がどのように消えていったか、その実例をご覧いただきました。

ホテル地の涯

というわけで、朱円を通り過ぎてウトロに向かいます。


なぁんか、ついついまっすぐ道が伸びているように見えてしまいますが……


国道は左にカーブしています。それはさておき、「ホテル地の涯」というのもなかなか洒落たネーミングですね。

まさかの「路面凍結」

さぁて。ウトロまで 29 km、知床峠まで 44 km です。少しずつ近づいてきました。


などと思っていると……。えぇっ!!


まさかの「知床峠路面凍結のため通行止」の文字が! ええーっ。ゴールデンウィーク前に観光客向けにばっちり除雪して開通させるんじゃなかったのかっ!

とりあえず「危険」

でも、この手の警告は時として「間違い」であることもあります。時間の経過と共に路面の凍結が緩むこともあります。……先を急ぎましょう!


危 険!!」なのだそうですが、はて、何が危険なのやら……。

やっぱ通行止?

先ほどの「広域情報掲示板」から 4 分後、今度は……


うー。これはやっぱり通行止は確定なんでしょうか。

エゾシカに要注意

一縷の望みを繋ぎつつ、ウトロに向かいます。


うぅ。こうやって見てみると対向車の数が多いような気も……。


エゾシカにも注意ですが、対向車にも要注意ですね……。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事