2012年6月8日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第47回「オシンコシンの滝にて」

 


仕方が無いので

知床峠が通行止めだったため、斜里町内を 46 km ほど引き返すことになってしまいました。仕方が無いので(というのも変な話ですが)「オシンコシンの滝」でも見に行こうかと。

てなわけで、やってきました。


そして、この建物の名前は……


うん、あまりにそのまんまですね(笑)。

老若男女国籍問わず

「オシンコシンの滝」は、「オシンコシン舘」からすぐのところにあります。


いやー、老若男女国籍問わず、いろんな人が見に来ていますねー

見物客の数もややまばらになったので、アングルを変えてもう一枚。


ついでに案内板のクローズアップも。



懐かしの知床観光クルーザー

この「オシンコシン舘」には、知床観光のクルーザーの切符売り場もあります。


民間の観光船はいろんな会社?が運航しているのですが、ここで販売しているクルーザーは 3 年前に乗船した会社?のものでした。なんとなく懐かしい気がします。真夏に乗船したんですが、かなり寒かったんですよねー。


その時は、往復約 3 時間かけて知床岬まで行く「知床世界遺産コース」を選んだのですが、この日は運休のようでした。まだ春が来たばかりですし、寒いですしね。

当地区内では営業行為はできませんよ!

壁際には、何やらいろいろと警告?が張り出されています。


「釣り、キャンプ、車中泊などでの駐車場利用はご遠慮ください」とありますね。そして……


「当地区内では営業行為はできません」ともあります。ふむ、周りをよーく見渡してみると……


何やら記念写真?を販売している人が。うーむ……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク