2012年6月11日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (50) 「古多糠とか椴山とか」

 


根室まで 106 km

根室と北見を結ぶ「根北峠」では、根室までの距離は 124 km と出ていましたが、


ものの 15 分ほどで、根室まで 106 km となりました。


この辺は、根釧台地の北端のあたりで、言うなればひたすらだだっ広いところです。なので、道路もまっすぐ作られています。そして……


なぜかまっすぐな道路にありがちな、黄色い看板も。

古多糠とか

左に行けば「古多糠」という所に行けるようです。


「コタン(村落)の上(かみ)」といった意味でしょうかねー。

記念撮影してくれるアレとか

前方に、何やら見えますが……


えー、地図だとこの辺です。


椴山とか

今度は……右に曲がれば中標津空港、というところですが、


ここの交差点は「椴山」というのだそうです。函館の人なら「椴山」をすぐに読めるかもしれませんね。

ちょっと見えづらい

国道 244 号をまっすぐ進むと根室海峡なのですが、海峡のすぐ向こうには国後島が見えます。ということで……


「返せ!北方領土」という看板も。……せっかくの看板なのですから、もう少し見えやすいようにしたほうがいいと思いますです、はい。

5 km ほど進みました

根室までは……


101 km となりました。ああ、今日も地味な話題で一本つぶしてしまいましたねー。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事