2012年6月27日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (66) 「道道 950 号線・起点」

 


素直に引き返す……しかない

そんなわけで、「一般車両乗入れ禁止」の看板をしかと見届けたので、ここからは素直に引き返すこととしました。


なにしろこの日は時間に余裕がありまくりになってしまったので、多少の無駄足も問題無い状況でして……。

「起点」

駐車場に停めておいた車に戻ろうとしたところ、面白いものを見つけました。


いや、指を差してゲラゲラ笑うようなものでは無いのですが……。道道 950 号線(野付風蓮公園線)の「起点」という標識を見つけました。六角形の標識は良く見かけますが、このサイズで、しかも「起点」というのはあまり見たことがありません。更に言うなら、どう見ても「起点」よりも「終点」っぽい場所なのに、半島の先端部に「起点」があるのだなぁ、と。

そして、右の方には……


しっかりと映り込ませていたりします。

渾然一体?

あとはこちら。一見、何の変哲も無い「電柱」なんですが、


右側は NTT の所有物で、左側は北海道電力のものとか?


で、上の方はこんな風に……。


「渾然一体」というのは、こういう状態を指すのでしょうか。

標津町に戻りました

さて、とりあえず標津に向けて、来た道を引き返しましょう。


ナラワラの近くを通り過ぎて……


標津町に戻りました。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事