2012年6月29日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第68回「根室標津駅の跡を探して」

 


略して「ニコ亭」

標津から根北峠を越えて斜里に向かう国道 244 号線から離れて、国道 335 号線を羅臼に向かいます。


何やら変わった形の建物が見えてきました。あれは一体何でしょう?


「標津ニコライ亭」とあります。ロシア料理の店……だったりするのでしょうか。どうも見たところ、すでに店をたたんでしまっているようにも見えてしまいますが……。とりあえず、羅臼に向かいましょう。


あと 43 km ほどで羅臼です。片道 1 時間はかからない計算ですね。

振り返ればヤツがある

というわけで、国道 335 号線を羅臼に向かって走っていたのですが……


あれ?


これはどう見てもさっきの「ニコライ亭」跡? です。そう、実はあっさりと羅臼に行く計画を変更して、U ターンしてしまいました。ですから、


さっきと反対の方向に根室海峡の海が見えます。

ちょっとアレだったので

羅臼行きを諦めた理由ですが、既に一度行ったことがあるから、というのが最大の理由です。それと、43 km も同じ道を往復するのもちょっとアレだなー……ということもありまして。代わりに標津の町中を見て回ることにしようかと。


国道沿いに、いい感じに朽ちつつある廃屋を見かけました。

根室標津駅の跡を探して

標津町には、確か「根室標津」という国鉄の駅がありました。その跡が残ってないかなー、と思い立って、国道を外れて町中をうろうろしていたところ、


なんだか良くわからないものを見かけました。阿寒バスのバスターミナル?もあるようですね。一直線に伸びる空き地があって、左右に防風林があって。これは……! と思ったのですが、結果的には正解だったみたいです。ここがかつての「根室標津駅」の跡だったみたいです。

同じ場所から、南を向いて撮った写真がこちら。


いやー、見事なまでに何もない、ただの空き地になっていますね。もっとも、きちんと芝生?が手入れされているのには頭が下がります。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク