2012年7月8日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (77) 「さようなら走古丹」

 


もう一つの行き止まりを探して

北海道東部の別海町にある「走古丹」は、風蓮湖を形成する砂嘴の上にあるのですが、風蓮湖に面していて、根室海峡には面していません。地図を見てみると、


道道 475 号線から分岐して、根室海峡沿いを伸びている道があります。

行けるところならどこまでも……てなわけで、さっそく件の道に車を乗り入れてみたのですが、


ふむふむ。「密漁はいけませんよ」という看板の横に「交通規制のお知らせ」とな。


なるほど……。「夜間通行止め」の「夜間」が「午後 4 時から」というのが道東らしいですね。経度の関係で、道東の朝は本当に早いのです。てことは日が暮れるのも早いわけで……。

とりあえず、今はどの条件にも当てはまらないので、交通規制の対象外っぽいですね。先を急ぎましょう。

ゲート発見

で、確かに 1.4 km 先にゲートがありました。


左側には「通行止」の標識と「交通規制のお知らせ」が。内容は先ほどのものと同じみたいですね。


ただ、ゲートは開いていますし、今は交通規制の対象では無い筈なので、どんどん行っちゃいましょう♪

ゲートの次はダートだった

すると……


目の前が何やら不穏な雰囲気に。


右の方を見てみると、さっきまでの快適な舗装路から一変してダートになっちゃってます。

うちの車はターマック仕様だけど

仕方が無い……ということで、しばらくダート路を進んでみたのですが、


さすがに「もういいだろう」と思い直して U ターンと相成りました。



やはり終点

その後は道道 475 号線をもどって、国道 244 号との交差点(別海中学校の北側)まで戻ってきました。


そこには……


予想通りの標識がありました。道道 475 号線は、ここが終点だったみたいです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事