2012年7月13日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (82) 「春国岱(さて何と読む)」

 


春国岱(さて何と読む)

春国岱のネイチャーセンターに向かう小径を往きます。あ、皆さん「春国岱」は何と読むかご存じですか?


小径を進んでいくと……


左に行けば「ネイチャーセンター」、右に行けば「小鳥の小道コース 1.4K」とあります。ここはやはり、なんとなーく「小鳥の小道コース」を行くのが期待されますよね(誰が期待してんだか)。

遙かな春国岱

しかし……


「小鳥の小道コース」は少々険しい雰囲気もあるので、ここは取り敢えずショートカットで(←)。というのも……


足下にいろいろな草花もあるようで、下手に足を踏み入れられない雰囲気もありまして。これは水芭蕉でしょうか。


なんだか、個人的にはとっても好きな風景です。



クイズ用紙をもってチャレンジしよう!

何やら「高札」のようなもの(違う)があります。


拡大すると……


ふむふむ。クイズラリーの「ポイント 10」のようですね。ちゃんと下の方に「このクイズラリーはネイチャーセンター入口がスタートです。クイズ用紙をもってチャレンジしよう!」と書いてあります。ここは、やっぱ選択肢に「八分音符」あたりを入れてほしいところ……(迷わせてどうする)。

水の涸れた小川

水の涸れた小川にかかった木橋を渡ります。


このあたりの写真は、全てキヤノンのコンパクトデジカメで撮っているのですが、この写真は珍しく良く撮れてますね(構図はさておき)。うーん、やっぱ光量の調整とかは機械任せオンリーでは難しいということなんでしょうか。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事