2012年7月23日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第92回「Зал ознакомления культуры Японцев」

 


バリアフリーな日本家屋

さてさて、「日本文化ルーム」(Зал ознакомления культуры Японцев)を見ていきましょう。「靴をぬいでお入り下さい」とありますね。この辺からしていかにも日本的です。


ちょっと不思議なのが、「日本文化ルーム」の玄関(土間)が少し低く作られていることです。わざわざこのような階段を下りていかないといけません。まぁ、一般的な階段の一段分も無いのですが。


で、このような構造になっている理由はすぐにわかりました。


右側が「日本文化ルーム」なのですが、つまり、日本風の「玄関」を再現しつつ、バリアフリー構造の「裏口」を設けたかったから、ということのようです。

いかにも日本的

では、「日本文化ルーム」を見ていきます。


まぁ、やはりと言うべきか、思いっきり和室です。


電話機やスイッチ類がたくさんあるのも、いかにも日本的です(違)。

「封じ手」?

中はご覧の通りの八畳間です。


襖の上には……


えーと、これはプロ棋士の方々の書、でしょうか。「不易流行」はいいとして、「四島入魂」ってのは……。その横には


なぜか「封じ手」なんかが額に納められていたりします。そうか封じ手は日本の文化だったのか(違)。

火災報知器の設置は義務づけられましたが

天井の構造は……


うーん、こういった構造はあんまり一般的ではないような。真ん中に見えるのはスプリンクラーでしょうかね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク