2012年7月31日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第98回「昭和十四年度 北千島鮭鱒漁場マーク圖」

 


カウントダウンは突然に

えー、根室市にある「北海道立北方四島交流センター」にお邪魔して展示を眺めていたのですが、入場したのが 16:23 頃で、気がつけば 25 分ほど経過してしまっています。そして、この建物の閉館は 17 時……ということで、あと 10 分ほどしかありません(汗)。

択捉島の立体模型

1 階から 2 階に向かうスロープ(だったと思う)を歩いて行くと……


択捉島の立体模型が。なかなか良くできていますね。東半分を拡大しますと……


「千島歯舞諸島居住者連盟根室支部青年部 制作」という文字が見えます。ちょっと字が縦長すぎると思うのですが……。

左のほうで、オホーツク海(奥のほう)に突き出ている半島が見えるかと思いますが、この半島の根元左側が、択捉島でもっとも栄えていた「紗那村」のあったところです。

続いて西半分です。


太平洋側にぽこっと凹んだ湾があるかと思いますが、これが南雲機動部隊が集結した場所として知られる「単冠湾」(ひとかっぷわん)です。

ハードボイルドだど

さぁ、前述の通り時間が無いのですが、まだ見ていない展示があるようです!


……ここです! 「北方資料館」とあります。中はハードボイルドな展示で溢れているのでしょうか!?(←


中に入ってみました。確かにハードボイルドな感じが漂ってきます(どこがだ)。



北千島鮭鱒漁場マーク圖

まずはこちらから。


このサイズだと「何が何やら……」なのですが、えーと、「昭和十四年度 北千島鮭鱒漁場マーク圖」とあります。目一杯拡大したのがこちら。


「なんだろうこの島は」と思ったのですが、これは「幌筵島」と、その北東に見える「占守島」の地図でした。さらに目一杯(あれ?)拡大すると……


うぅーん、図の見方がわからないですね……。定置網の場所とか、それともトロール漁法の場所とか? どなたか見方をご存じの方がいらっしゃいましたら、是非ご教示いただきたく……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク