2012年8月20日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第109回「とりあえず立入禁止」

 


「最東端」よりも「発祥の地」

というわけで、北海道最東端・納沙布岬灯台にやってきました。


なにやら碑が建てられていますが……


ほほう。てっきり、お決まりの「最東端」が出てくるかと思いきや、「北海道最初の」という、意外な枕詞が出てきました。へぇぇぇ、そうだったんですねぇ。確かに霧などが多そうな印象もありますし、島嶼の数も多いので、いち早く灯台が必要とされた、ということなのでしょうね。

灯台へ向かう歩道の左右にも、


「北海道灯台発祥の地」の文字が躍ります(ちなみに右側は「納沙布岬灯台」です)。

これより先は「立入禁止」

納沙布岬灯台の近くまで歩いていきましたが、特に何かが公開されているわけでは無いようで、中には入れそうもありません。


ということなので、灯台の外側を散歩してみたのですが、


おおっと。これより先は「立入禁止」だそうです。右側の灯台を見てみたところ、


鉄製の扉で固く閉ざされていました。ところどころ塗装が剥がれているようですが、まだまだ現役のようです。

轟音注意!

扉の横にはこんな掲示と警告が。


「霧信号の大きな音が突然鳴り出すことがありますので」とありますね。近くを航行する船舶のための警告音ですから、その大きさたるや想像を絶するものがあるのでしょう……。

抜け道が存在するのが世の常

さて、ふたたび「立入禁止」の看板のほうに視線を移すと……


あれ?(笑) 何やら写真を撮影されている方が。どーなってんだ? と思って右側の隙間を通って先に進んでみたところ……


むむっ。何だか良くわかりませんが、「とりあえず立入禁止」だったみたいです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク