2012年8月24日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第113回「さまよえる関西人、東の果てへ」

 


ルック・イースト

納沙布岬の灯台(北海道で一番古い灯台なのだとか)を見終わったので、まずは車を観光客用の駐車場に移動させて……と。


はい。「本土最東端」の「納沙布岬」(根室市)にやってきました。基礎の部分には


「北緯 43度 23分 07秒 東経 145度 49 分01秒」と記されています。

百景でも八景でもなく

隣にはこんなものも。


「根室十景」なのだそうです。「百景」でも「八景」でも無いのがいいですね。

いろいろありました

そしてそして……。段々こういった看板?が増えてきます。


こんなのとか、


こんなのとか、


こんなのとか。いずれも新しそうに見えるのが不思議でもあり、また、実際は決して新しいものでは無いのだとしたら、その見事な維持ぶりには感心します。

北方領土……

少し向こうに岬の灯台が見えます。


そして、この写真もよーく見ると……


ちょっと下の方が隠れてしまっていて、何と書いてあったか不明です。「奪」という字にも見えますね。

蟹のお味噌汁です

というわけで、ここ納沙布岬は、他の岬(宗谷岬とか襟裳岬とか)とはちょっと違った空気が流れていたりします。もちろん、


こんな風に、地元自慢の「てっぽう汁」を振る舞ってくれるふつーのお店もあるんですけどね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク