2012年9月9日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (119) 「カエルでおなじみのあの会社」

 


カエルでおなじみのあの会社です

根室市は納沙布岬にほど近い処にある「平和の塔」の話題を続けます。世界は一家、人類は皆k(ry

さて、「4 階展望室」から「3 階展望室」に降りる階段がありましたので、四の五の言わずに降りて行きましょう。


んー、何が違うのでしょう……。なんか似たような感じです。


双眼鏡が並びますが、この双眼鏡は、ご存じ「コーワ」のものです。


KOWA PROMINAR のロゴが光りますね。


そして、台座の下には……


いやー、懐かしいですね。昭和の香りが漂ってきます。

昭和の香り

あ、「昭和の香り」と言えば……こんなのもありました。


左右で絵柄がびみょうに違うのがポイントですね。

展望台からの眺め

さて、展望室からの眺めを堪能しましょう。


これは東のほうを眺めた景色です。手前のほうに見えるアーチが「四島(しま)のかけはし」ですね。右手奥のほうに納沙布岬の灯台も見えますね。

島が見えます

灯台の先には、何やら島が見えますね。


答合わせをすると……


手前に見えるのが「水晶島」で、右の奥のほうに見えるのが「志発島」でしょうか。100 円を払わなくても、肉眼でしっかりと目にすることができます。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事