2012年9月19日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第127回「オートレース?」

 


まずは署名から

というわけで「望郷の家」の一階部分に降りてきました。らせん状のスロープの中心部にあったのは……。


「返還要求運動のご署名をお願いいたします」と書かれた「署名台」でした。

望郷の家・建設の主旨

「望郷の家・建設の主旨」と題された掲示を見かけました。


ふむふむ、引揚者団体(千島・歯舞諸島居住者連盟)によって建設された建物だったんですね。それにしても「望郷の家」というのは良くできたネーミングです。字を変えたら「防共の家」ですからね。……考えすぎですかね。

休憩室

「休憩室」もあります。



資料室

そして「資料室」という部屋もありました。タイル敷きで、ちょっと寒そうな感じも受けますが……。


中には……段ボールの山が。


もしかしてこれが「資料」の山だったりするのでしょうか。

日本学校跡

「資料室」の壁には、何枚か写真が飾られているのですが、たとえば……


この「日本学校跡(択捉島)」という風景、別に廃校は択捉島に限らず国内各所で見られる光景なのですが、何だか切ないですね……。

ロシアの礼拝堂

その一方で、こんな写真もあります。


「ロシアの礼拝堂(水晶島)」とあります。水晶島は一面真っ平らな島で、納沙布岬から肉眼でも辛うじて見える島なのですが、一ヶ所だけポコっと盛り上がって見えるところがあるんですよね。それがもしかしてこの礼拝堂だったりして……。

オートレース??

……というわけで、「望郷の家」を後にします。


おや? 建物の柱に何やらプレートが……。


これはいったい何でしょう? ちょっと寄ってみましょうか。


むぅ。「オートレース補助施設」とありました。「平和の塔」が「ボートレース(競艇)」で「望郷の家」が「オートレース」ですか。いろいろとあるんですねぇ……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク