2012年10月9日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第141回「営業時間変更のお知らせ」

 


道道・初田牛厚床線

「北太平洋シーサイドライン」を西へと進みます。別当賀の次は「初田牛」(はったうし)です。駅に向かうには、いったん道道 142 号線を外れて、踏切を渡って道道 1127 号線に入ります。


「初田牛厚床線」と書いてある通り、初田牛と厚床を結ぶ道道です。いやー、実にまっとうなネーミングですね。

初田牛駅へ

初田牛の駅に向かうには、踏切を渡ってすぐに左折(道道 1127 号線から抜ける)しないといけません。


辛うじて舗装が残っている感じですが、かなりメンテナンスが疎かになっているようですね。駅に向かう道ではあるのですが、それだけ交通量も少ないということなのでしょう。

初田牛駅に到着

というわけで、初田牛駅に到着しました。


今度は「車掌車」ではありません。ちゃんとした立派な駅舎です! ちょっと見づらいですが、左側に「はったうし」と平仮名で駅名が記されています。


ちなみに、ホームから見ると……


漢字で「初田牛駅」と書かれています。左側が乗降客用の待合室で、右側が駅員室のようです。

待合室の中

待合室の中に入ってみました。


本来であれば、出札窓口になるのであろう窓があります。窓の向こうは駅員室の筈なのですが、カーテンで覆われてしまって中を窺うことはできません。

この「初田牛駅」もご多分に漏れず駅員無配置駅(いわゆる「無人駅」)のようで、何か質問があれば根室駅に問い合わせてね、と書いてあります。



営業時間変更のお知らせ

「営業時間変更のお知らせ」という掲示が貼ってありました。


無人駅にも「営業時間」があるんだな……という素朴な疑問も湧いてくるわけですが、朝の 5:30 から営業開始で、これはいいとして、営業終了が夕方の 17:00 だそうです。いくらなんでもちょっと早すぎませんか? と思ったりもするのですが、


発車時刻表を見ると、影響が出るのは 19:50 の釧路行きと、20:12 の根室行きの 2 本だけのようです。というか、そもそも一日に上下あわせて 9 本しか列車が停車しないのですね。昨日ご紹介した「別当賀駅」もそうなのですが、このあたりは人家も殆ど無いため、どう考えても駅の利用者もほとんどいないのでは……と思わせます。

つづきます。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク