2012年10月12日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第144回「羨古丹駐車公園」

 


駐車場あり

根室市から浜中町に入って、「──シーサイドライン」という名前に相応しい風景が続いていたのですが、


ほんの数分で海が見えなくなってしまいました。


海沿いのちょっとした尾根を越えると、集落があって……


100 m 先に駐車場有り、の標識が。

駐車場ありました

そして、確かに 100 m ほど先に駐車場が。


ここまでアピールされたら、これはもう車を停めてみるしか無いでしょう(なんでだ)。


というわけで、駐車してみました。いやー、吹きだまりの砂でできた(と思う)山が見事に波によって崩されています。これはちょっとしたビューポイントと言えそうですね。

羨古丹駐車公園

この駐車場には、ちゃんと名前がつけられていて……


「羨古丹駐車公園」と言います。「駐車公園」というのもなかなか斬新なネーミングですが……。皆さん「羨古丹」は読めましたでしょうか? これは実は……


「史跡──異国船上陸の地」と書かれた案内板が設置してあるのですが、ここに答が記されています。


はい。「羨古丹」で「ウラヤコタン」と読むのだそうです。「羨」は「羨ましい」という字なので、そのまま「ウラヤ」と読ませるみたいです。

直滑降!

では、再び霧多布に向かいましょう。


ずーっと真っ直ぐの道ですが、これ、下り坂です(汗)。こんなところでスピード違反の取り締まりをされたら堪ったものではありませんね……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク