2012年10月17日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第147回「きりたっぷ展望台」

 


坂道を登ってみれば

浜中町霧多布の市街地を抜けると、いきなり急な坂に出くわします。


ところが、坂を登り切ったらご覧の通り、とても広々とした野原が広がっています。……台地、ということですね。



全ての道は行き止まりに通ず

2~3 分ほど走ったところで……行き止まりです。


ここが「きりたっぷ展望台」の駐車場なのですが、周りを見渡してみると……


お土産屋さんがありますね。そして……


シャッターの閉まった建物が何軒か。右の建物を拡大すると、


「ライダーハウス 民宿案内所」と書いてあります。

道内をドライブしていると「ライダーハウス」という文字をよく目にするのですが、ふつーの民宿とは何か違いがあるのでしょうか。無料で空気圧を測定してもらえるとか……(まさかね)。

きりたっぷ展望台

というわけで、「厚岸道立自然公園」と銘打たれた、霧多布岬の周辺を散策してみましょう。


風が強いからか、周りは草しか生えていない野原なのですが、その間に遊歩道が設けられています。


遊歩道の先には、屋根付きのベンチスペースと、


雨風をしっかりしのげる待合室のような建物があります。




前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク