2012年10月18日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第148回「またしても階段をゆく(←)」

 


続・きりたっぷ展望台

北海道厚岸郡は浜中町にある「きりたっぷ展望台」の話題を続けます。

岬と花と霧の街

この、雨風をしのげる待合室の中は……


色とりどりの「岬と花と霧の街」と書かれたフラッグが飾られています。


このフラッグが吊されている棒、なんとなーく押し入れとかで使う「つっぱり棒」に見えてしまうのですが……そんなことを気にしてもしょうがないですね。

もちろん、座れます

そして、霧多布岬のあたりの風景写真が飾られています。


ここまで見た感じ、中に椅子が見当たらないのですが……


ご安心下さい。ちゃーんと用意されています。

北緯 43 度の旅

では、「霧多布岬」を見に行きましょうか。


転落防止のために柵が設けられていますが、その一角が下に伸びているようです。


「北緯 43 度の旅」というのがいいですね。幌延のあたりは北緯 45 度なんですが、霧多布まで下がると北緯 43 度台になるのですね。

階段と手すり完備

遊歩道には階段と手すりが整備されています。


かなり見た目も新しいので、おそらく最近整備されたものなのでしょうね。

岬めぐりの……

遊歩道を下りる途中で、霧多布岬のほうを望んでみました。




前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク