2012年11月16日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (169) 「たんたかたん!」

 


たんたかたん!

白糠町「鍛高」にて。


この「鍛高」は、素直に「たんたか」と読みます。なんでもこの辺りでは紫蘇の生産が盛んだそうで、シソ焼酎「鍛高譚」は、この「鍛高」に由来するのだとか。……呑んだこと無いので、これ以上はわかりませんが……。

鍛高の線路跡(西)

さて、ここ「鍛高」で、国鉄白糠線と国道 392 号線が平面交差していたようなのですが、


踏切跡のところから、西の方を見てみると……


線路跡の路盤が小径となって残っていて、その先にはトンネルも見えます。

使用されなくなったトンネルは、もはや点検されることも無いため、やがては内部のモルタルが剥がれ、コンクリートにヒビが入っていつかは崩壊するおそれがあります。そのため、トンネルに人が立ち入ることの無いように、入口をセメントで封鎖したりするケースも少なくないのですが、


このトンネルはそれほど長くないからか、有刺鉄線(だと思う)で封鎖してあるだけのようです。

鍛高の線路跡(南東)

一方で、踏切跡から南東の方向を見てみると……


こちらは、路盤が元の所有者に払い下げられたのか、車両が勝手に入ることの無いように、古タイヤが並べられています。線路跡の路盤はやや右にカーブしながら茶路川に向かっていて、茶路川には橋梁が健在です。

道東道、絶賛工事中

鍛高から少し北西に進んで、縫別にやってきました。


ちょうどこの辺にも踏切があったらしく、少し西のほう(写真だと左側)に、縫別駅があったみたいです。この近くに道東道の白糠 IC(仮称)ができるようで、工事が始まっていました。


これは……えーと、縫別川ですね。ご覧のように、ふつーに鉄道橋が残っています。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事