2012年11月20日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (171) 「未だに北進は叶わず」

 


未だに北進は叶わず

かつて「北進」駅のあった、白糠町二股にやってきました。


同じくローカル線(国鉄士幌線)の終点だった「十勝三股」のあたりは、集落そのものが野に帰しつつありますが、ここは地形図等を見る限りでは郵便局も健在のようで、きちんと集落の体を保っているように見えます(失礼な物言いですいません)。

二股、右股、左股

「二股」で、「茶路川」と「タクタクベオベツ川」が二手に分かれているのですが、国道 274 号と国道 392 号は「タクタクベオベツ川」沿いを進みます。それにしても「タクタクベオベツ」というのは……ちょっと聞いたことが無い地名ですね。

で、「二股」から「左側」に流れる「タクタクベオベツ川」を遡っていったところが……


ちょっと字がボケちゃってますが、「左股」(ひだりまた)です。

薫楓、白妙

ここからは、タクタクベオベツ川沿いにずーっと西に遡って、釧勝峠に向かいます。崖の下を通るところが多いので、スノーシェッドが続きます。


「左股 1 号覆道」、そして


「薫楓覆道」、それから


「白妙覆道」といった具合に。どれも和名っぽいですね。

気がつけば国道 274 号に

白糠からずーっと国道 392 号を北上してきて、今は足寄・本別方面に向かっているのですが、


いつの間にか、国道 274 号と合流しています。実は、国道 274 号は二股(北進)からまっすぐ雄別炭鉱(跡)のほうに向かう……ことになっているのですが、現段階では影も形も無い状態です(たぶん未着工)。



釧勝峠へ

さて、そろそろ「釧勝トンネル」に近づいてきたようです。


タクタクベオベツ川の水源近くの沢を橋で渡って、そのまま釧勝トンネルに突入です。




前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事