2012年11月22日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第173回「ほぼ日本最東端」

 


トカップでおなじみ

「日本一の豆の町」本別町に入ってから 10 分も経たないうちに、今度は十勝ワインでおなじみの「池田町」にやってきました。


イラストも、もちろんワイナリーをあしらったものです。

日本最東端の料金所

昨日の記事でも触れましたが、本別以東の道東道は「新直轄方式」で建設されているので無料で走行できます。逆に言えば、本別以西の道東道は NEXCO 東日本の管轄なので……


池田 IC の本線上に「本線料金所」があります。士別剣淵の本線料金所が「日本最北の料金所」なのであれば、池田の本線料金所は「日本最東の料金所」になりそうですね。いや、池田 IC 出口の料金所のほうが本線料金所よりも僅かに東にありますね。惜しい!

改め、ほぼ日本最東端

というわけで、「ほぼ日本最東の料金所」池田本線料金所にやってきました。


やはり「ほぼ最東端」なのが問題なのか(←)、特に何のアピールも無い、ふつーの本線料金所のようです。


しっかり 20 km/h 以下で徐行して、無線通行します。


本線料金所を抜けた直後は、まさかの 50 km/h 規制でした。


片側一車線かも知れないけれど、高速道路なんだけどなー……

おさるしパーキングエリア

音更町に入って少し経ったあたりで、「長流枝 PA」の案内が見えてきました。


「長流」と書いて「おさる」と読ませる地名はたまに見かけるのですが、ここは最後に「枝」と書いて「し」と読ませています。「北海道の地名」で由来をチェックしたのですが……実にふつーのアイヌ語地名でした(汗)。

立派なアーチ橋

長流枝 PA の先から、しばらく一直線の道が続くのですが、ちょっと先に随分と大きな橋がかかっています。


地形図を見た感じでは、ここはもともと南北に尾根状の地形が延びていて、尾根沿いに走っていた道を、道東道の堀割が分断してしまうことになってしまったので、その補償として、このような立派な橋がかけられたようです。




前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク