2012年12月19日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (187) 「紫雲古津のあのお店」

 


北東から南西へ

「振内鉄道記念館」の野外展示?を後にして……


国道 237 号線を、南西へ向かいます。


平取と言えば、やっぱり「二風谷」なんですが……


あっさりと通過して、先へ先へと急ぎます。相変わらず大型車が多いですね……。



紫雲古津のあのお店

平取本町も通り過ぎ……


紫雲古津にやってきました。はい、言わずと知れた(?)こちらのお店です。


びらとり和牛のお店「くろべこ」( http://www.kurobeko.com/ )さんです。



量より質が吉?

何をいただいたかと言えば……


もちろん「お肉」をいただきました。「びらとり和牛」は、実は結構な高級品なのですが、こちらのお店では割とリーズナブルなお値段でお肉をいただくことができます。

ただ、せっかくここまで来たのであれば、ちょっと奮発したほうが良いかも知れません。「それなりのお肉」であれば、日本中至る所で口に出来ますが、「めちゃ旨のお肉」を食せるチャンスはなかなかありません。ここはひとつ、ワングレード上のお肉にチャレンジしてみては……と。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事