2013年1月1日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「はまなす」スイートルーム "Virgo" 乗船記

 


今年も残すところ……

今年も残すところあと 364 日と少しとなりました。ということで、今年も皆様どうぞよろしくお願いいたします!

新年早々ですが

さて……、さっそく新日本海フェリー「はまなす」の話題に戻ります。

車を停めた後は、車両甲板(第一甲板)から 4 階まで上がって、案内所でチェックインして部屋の鍵を受け取ります(ついでに食事の時間を教えてもらいます)。あとは普通に船内エレベーターで 6 階まで上がって……


部屋に到着です。部屋の名前は "Virgo"、即ち「乙女座」という意味ですね。

ちなみに、他には "Orion" や "Scorpio" などがあります。いずれも星座の名前ですね。

「乙女座」と「蠍座」の違い

中に入ってみると……


はい。普通にベッドが並んでいて、その先には……


ソファーセットが。ちなみに、ソファーの形は部屋ごとに異なるらしく、"Orion" では


こんな形でした。ついでに言えば、じゅうたんの色合いも全然違いますね。

ソファーとベッドの位置関係はこんな感じです。


入ってすぐの所、すなわち窓から遠いところにベッドがあります。ソファーは窓から景色が良く見えるところにある、というわけです。

浜厚真の夜景を満喫する

窓から眺める夜景は……


うーむ(笑)。さすがはコンビナートの街・苫小牧……のお隣の町(厚真)です。景色を楽しむのは翌朝にしましょうか。

新日本海フェリーの北海道と関西を結ぶ航路は「小樽・舞鶴航路」と「苫小牧東・敦賀航路」があって、それぞれ 2 隻体制で運航しています。「あかしあ」と「はまなす」は、通常は「小樽・舞鶴航路」の担当なのですが、ゴールデンウィーク中は何故か「苫小牧東・敦賀航路」に配置転換されていました。

本来は「すずらん」「すいせん」が「苫小牧東・敦賀航路」の担当です。

(旧)「すずらん」「すいせん」と「あかしあ」「はまなす」の違いは、後者のほうが建造年次が新しく、さらに高速化されている……というのもあるのですが、客室の窓の外のデッキの有無が大きな違いです。今回は「はまなす」なのでデッキがあるのですが、現在はオイルタンクと駐車場をじっくりと眺めることができます。

テレビでは

「はまなす」は 2004 年 7 月就航……ということで、


テレビももちろん液晶です。部屋の広さを損なわない、良くできたレイアウトです。


レストランのみならず、売店の営業も時間限定なので要注意です。現在の営業は消灯時間までなのですが、


まだ出航まで 1 時間近くあります。それまでに行けば大丈夫ですね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク