2013年2月16日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

No. 32 「まるでカフェオレのよう」

 


まるでカフェオレのよう

はい、随分と遠くのほうに、コロラド川が見えてきました。


ぐいぐいっと近づくと、こんな感じです。


いやー、水の色がまるでカフェオレのようですね。普段からこんな感じなのでしょうか。

峡谷は日々形成される

今度は、氷河の U 字谷のような地形が出てきました。


上の方が切り立った崖になっているのに対して、下の方は砂に埋もれた比較的ゆるやかな斜面のように見えますが、


この谷にも僅かながらも水が流れるわけで、現在も浸食が進行中……のように見えます。やがて、この営みが数十万年、数百万年と続くと……


こうなるわけですね。少し寄ってみるとこんな感じです。


なんというか、ある種のフラクタル図形のようですね。

意外なことに

面白いのは、意外と木が生えているところが多いことで……


あんまり雨も降らないような感じがするのですが、上の平地と似た感じでまばらな感じに植生が見られます。特に、上の平地に近いあたりは……


この写真を見ただけでは、あんまりグランド・キャニオンっぽく無いですね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク