2013年3月3日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

ラスベガスの旅 2011/夏 #46 「輝ける天使の山小屋」

 


今度はお買い物に

さてさて。もうすぐ出発の時間です(現地時間 15:30)。相変わらずびみょうな空模様ですが……。


あー、やっぱり降ってきましたね。


さて、我らがツアーバスはビジターセンター近くの駐車場を後にして、今度は "Bright Angel Lodge" に向かいます。一通り観光を済ませたので、最後にお土産を買いに行きましょう、ということですね。

またしても、謎の線路が

移りゆく車窓を眺めていたところ……んっ?


またしても、謎めいた線路が見えてきました。この黄色い車両は保守用のものの筈……。まぁ、十中八九「保存鉄道」なのでしょうが、どういったレベルで保存されているのか、あるいは最早朽ち果てるのを待つだけなのか、興味が湧いてきます。

途中で切れている線路もあるし……でも、森の向こうに延びている線路もあります。あまり規格は高く無さそうですが、そこそこ手入れされているようにも見えます。相変わらず車両の姿を見かけないのが解せませんが……。



Bright Angel Lodge に到着

さて、そんな「謎の線路」を眺めているうちに、Bright Angel Lodge に到着です。


ここは多くの観光客で賑わう場所ですが、駐車場が狭いので、我らがツアーバスは乗客(私たちですね)を降ろして、いったん別の駐車場まで移動します。



輝ける天使の山小屋

では、Bright Angel Lodge に入ってみましょう。


外見どおりの木製の建物ですが、意外と天井も高く、開放感がありますね。


これはコンシェルジュでしょうか。各種ツアーの受付なども行っているようです。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事