2013年3月6日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

No. 49 「国の歴史的史跡」

 


駅? それとも駅の跡?

グランド・キャニオンの「ブライト・エンジェル・ロッジ」に程近いところにある、鉄道の駅にやってきました。鉄道の駅と言う割には……


人の姿も見当たりませんし、


車両の姿も見当たりません。これは、「駅」ではなくて「駅の跡」なのでしょうか?

サンタフェ鉄道の歴史

由来が記されているパネルがありました。


確かに、このあたりにはかつて「サンタフェ鉄道」という鉄道線があったらしいのですが……それよりも、ここは現役の「駅」なのか、それとも「跡」なのかが知りたいわけで。

国の歴史的史跡

長椅子の横には銘板らしきものもありました。


ちょいと読みづらいので、目一杯拡大してみます。


ふむふむ。NATIONAL HISTORIC LANDMARK と記されています。ちゃんと文章を読み直すと……こうなります。

GRAND CANYON RAILWAY DEPOT
HAS BEEN DESIGNATED A
NATIONAL HISTORIC LANDMARK
THIS SITE POSSESSES NATIONAL SIGNIFICANCE IN COMMEMORATING THE HISTORY OF THE UNITED STATES OF AMERICA
1987
NATIONAL PARK SERVICE
UNITED STATES DEPARTMENT OF THE INTERIOR
(グランド・キャニオン鉄道 グランド・キャニオン・ビレッジ駅の銘板より引用)

えーと……。この場所は、アメリカ合衆国の歴史を語る上での重要性を持っているのだ、といったところでしょうか(いつも通りの「超」意訳)。「国の歴史的史跡」ということですね。ということは、これはやはり「駅の跡」なんでしょうか……。

来る日と来ない日

ただ、「駅舎」には事務所があって、ご覧の通り、電気も通っています。


そして……こんな案内板が。


「列車の来る日」「来ない日」がありますが……全部消えてしまっていますね。とは言え、比較的最近までチョークで字が書かれていたようにも見えます。んー、謎が謎を呼びますね……。

現役?かな?

あ、レールは錆びてないですね。ということは、毎日では無いにせよ、季節限定で列車が走っていたりするのかも知れませんね。


この駅の先の線路が、ヘリコプターから見えたあのオメガ(Ω)カーブでした。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク