2013年3月31日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

No. 73 「親子二代で夢の大ジャンプ」

 


親子二代で夢の大ジャンプ

さて、気が重くなる話題に 2 週間以上お付き合いいただきましたが、ようやく今日で一段落……です。最後は明るい話題で。


これも Building Atomic Vegas に展示されていたのですが、はい、どこから見てもオフロードバイクです。よーく見ると、カウルに……


Robbie Knievel と書いてあります。

Robbie Knievel はオートバイスタントの名手で、シーザース・パレスの噴水をバイクで飛び越えたのだとか。この話には前説があって、実は Robbie の父親、Evel Knievel が 1967 年にシーザース・パレスの噴水越えをチャレンジしていたのでした。その時はジャンプに失敗して大クラッシュしてしまい、およそ 1 ヶ月近く昏睡状態に陥ってしまったのだそうです。

Evel の息子の Robbie は、22 年後の 1989 年に、父親と同じくシーザース・パレスの噴水をバイクで飛び越えるというチャレンジを行い、ジャンプを無事に成功させたのだとか。親子二代に亘るチャレンジを成功させた……というのは、いかにもアメリカ人が好きそうな話です。ん、日本人も似たようなものかも知れませんけどね。

出口!

さぁ……出口です!


随分と長時間見学していたような感じもしますが、ここまでの所要時間は 2 時間ほどです。相変わらず引っ張りすぎですか……(汗)。

フレモントホテル見張り所?

実は、もう一つ展示?があったのですが……


これは……。Hotel Fremont Lookout Point と書かれた看板とともに、壁に貼られた写真?を眺める男性……の張りぼてがポツンと。Hotel Fremont は実在のカジノホテルなのですが、写真は昔のもの……かも知れませんね。これは一種のジョークと考えていいのかも知れません。

Museum Store とか

さて、メイン展示室の反対側には、Museum Store などがあります。


Museum Store はこちら。


残念ながら写真はありませんが、いろいろと変なものが販売されていました。

Public Reading Room

あとは Public Reading Room と題された部屋がありました。


図書館と言うよりは、もう少し低い年齢層向けの部屋のように思えました。


というわけで、ネバダ州はラスベガス市内にある「核実験博物館」の回は、これにて終了です~!


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク