2013年4月12日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

No. 85 「がんばろう日航」

 


まさかの 1 時間ディレイ

ロサンゼルス国際空港の構造を良く理解していなかったせいで、ぐるっとシャトルバスで「ターミナル一周ツアー」をする羽目になったのですが、やっとの思いで Tom Bradley International Terminal に到着したのが 12:35、JL 61 便の出発予定時刻が 13:30、そして……


まさかの 1 時間ディレイ。うー、結果的には焦らずに済みました。

JAL 機到着

入国には時間のかかることで定評のある LAX ですが、出国は(手荷物検査が厳しいとは言え)意外とすぐ終わります。そんなわけで、結果的には搭乗口でのんびりと待つ羽目に。お、JAL 機がやってきました。


JAL のボーイング 777 にボーディングブリッジが繋がったのですが、この時既に 13:06 でした。出発が 1 時間遅れになるらしいのですが、本当にあと 90 分弱で準備ができるのでしょうか……?


それにしても、777 のジェットエンジンはでかいですよね。隣のトラックには ELECTRIC の文字が。電気自動車なんでしょうか。



この 4 発ジェットは……?

仕方が無いので、飛行機でも眺めながら時間を潰します。


エア・タヒチのジャンボジェット機を見かけました。あれ、この機体、エンジンが 4 発なんですが、何と言う機体でしょう?

どうやらエアバス A340 らしいです。日本には導入されなかった機体でした。

がんばろう日航

さて、時は移ろい……。14:37 になってしまいました。本来ですと既に離陸済みの時間で、1 時間のディレイがあったとしても、既に 7 分遅れです。


うーん、どちらかと言えば「がんばろう日航」状態ですね(笑)。

鳥にエサをやらないでください

予定搭乗時刻を過ぎてもお呼びがかからないので、引き続き、のんびりと待つ羽目に。


空港内に「鳥にエサをやらないでください」なんて看板があるのですね。

真ん中の渦巻きが

正面から見たジェットエンジン。


なんか、まるで天才バカボンのような……(笑)。

1 時間 26 分遅れで機内へ

機内に入ったのは、当初の予定搭乗時刻から 26 分押し、本来の運行スケジュールからは 1 時間 26 分遅れの 14:56 でした。うむ、これはちょっとマズいかも知れませんね……。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク