2013年4月21日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第8回「仏心でドライビングを」

 


圏央道ドライビングスクール

稲敷からつくばにかけての圏央道は、ご覧の通りの片側一車線道路です。


もちろん、こんな感じでところどころに追越車線は用意されています。


さぁ、中央分離帯が出てきました。この先に追越車線がある、ということですね。



仏心でドライビングを

この手(片側一車線)の高速道路は、前方に遅い車がいると「ドライビング スクール」状態になってしまって、堪えきれずに追越車線でスピードを出しすぎる人もいるのですね。ドライビングには「仏心」を持たないといけないなぁ、と思うのですが……。

そんなことを考えていると、なんと!


前方に巨大な仏様が(笑)。仏様は右から少しずつ前進しているようで(もちろん目の錯覚ですよ)……


やがて視界の左側へと消えてきました。


この仏様の正体は、ご存じ「牛久大仏」なのですが、あまりに絶妙な登場の仕方に吹き出してしまいます。ちなみに、この「牛久大仏」のサイズですが、Wikipedia によると……

全高120m(像高100m、台座20m)を誇り、奈良の大仏(像高14.98m)が掌に乗り、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある自由の女神像(全高93m、手を掲げた姿勢の像高46.05m)の実質的な像高(足元から頭頂までの高さ33.86m)の3倍近くの大きさである。
(Wikipedia 日本語版「牛久大仏」より引用)

まぁ、でかいわけですよ、ええ。

常磐道に合流

つくば JCT で常磐道に合流。水戸方面へと向かいます。


まず、本線から流出して……


東京方面ではなく、いわき方面に進みます。


あれ? なんだろうこれは。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク