2013年4月22日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (9) 「ひじょーにマンゾク?」

 


燃料が……!

常磐道を水戸方面に向かいます。


とても快適なドライブだったのですが……。「やはり」と言うべきか、残りの燃料が少なくなってきました。というわけで、やむなく……


千代田石岡 IC で一旦流出することに。


実際の所、最初から「あと 160 km」表示で、安食のあたりで雨に降られていた頃から「あ、これは保たねーわ」と思っていたのですが、良さげなガソリンスタンドを見つけられないまま圏央道に入ってしまったのですね。途中のサービスエリアで入れたらいいかなー、と思っていたのですが、燃料警告灯(残り 8 リットルだったかな?)が点灯してしまったので……。

ひじょーにマンゾク!

IC を出て、国道 6 号線を走っていたところ……


無事、走行車線右側にセルフのガソリンスタンドを発見。セルフはあまり好きでは無いのですが、そんなことは言っていられません。

で、しっかり満タンになったので、再び千代田石岡 IC へ。


この間のロスタイム、約 10 分でした(笑)。予想外の結果にひじょーにマンゾクです(古すぎるか)。

「古すぎる」以前に「誰もわからない」可能性のほうが高そう。

これぞ正しく「後の祭り」

さて、ちゃんと ETC ゲートも通過して、


再度、常磐自動車道の本線に戻ってきました。


数分後……


あうあう。これを見た感じでは、どうやら「友部 SA」でふつーにガソリンを給油できたみたいです。いや、最終的には北関東道に行かないといけないので、友部 SA がジャンクションの向こう側だったらまずいなーと思っていたのですが、


友部 SA は友部 JCT の手前(東京寄り)だったので、SA で給油してから JCT へ、ということもふつーに可能だったわけですね。ま、これこそ「後の祭り」というヤツなのですが。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事