2013年4月23日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (10) 「いつも快適な『北関東道』へ」

 


いつも快適な「北関東道」へ

友部 JCT で常磐道を離れ、ここからは北関東道です。


まずは常磐道から流出して……


北関東道を「ひたちなか」方面に向かいます。


北関東道は、個人的にとても好きな道です。高速道路と高速道路を繋いでいる上に、片側二車線ですし、制限速度もほぼ 100 km/h ですし。「あって良かった」と思える道ですね。

こんな所に「東関東道」?

友部 JCT から 3 分ほどで、また次の JCT が見えてきました。茨城町 JCT では東関東道が分岐します。


「東関東道」と言えば、湾岸市川から成田のほうに向かう高速道路……という認識ですが、実は、終点の潮来からずいずいずいっと離れた「茨城空港北 IC」から「茨城町 JCT」の間も、なんと「東関東道」なのだとか。全通したら成田と百里を結ぶことになりそうですが、そもそも全通するのかという問題が……(←

いつでも快適な(ry

茨城町 JCT を過ぎると、ここでも工事で追越車線が規制されていますが……


もともとの交通量が全然少ないので、問題にはならないですね。この日は月末の金曜日だったのですが、まぁ、まだ 15 時頃ですし。

水戸大洗 IC

水戸大洗 IC が近づいてきました。


ここで北関東道から流出します。


ランプウェイの随分と先に、鹿島臨海鉄道・大洗鹿島線の高架が見えますね。


ちなみに、「水戸大洗」という IC 名からも推測できるのですが、大洗という街は、実は水戸のすぐ近くなんですよね。もっと離れている印象があったのですが、事実上「水戸都市圏」と言えそうな感じです。「都市圏」の定義が良くわかりませんが(←

料金所を徐行で通過します。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事