2013年4月26日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第13回「日本の色男」

 


新明和……ではなく

乗船手続きは済ませたのですが、まだ出航まで 2 時間半以上あります。ということで……


とりあえず、ターミナル内をうろうろすることに。先ほど乗船手続きを済ませた窓口カウンターの上に、待合室があります。


待合室の先にあるのは、ボーディングブリッジ……


と見せかけて、実は単なる「渡り廊下」だったりします。

売店は絶賛営業中です

さて、「フェリーターミナル」と言えば、空港と似たような感じで、あるいは空港以上に出発までの待ち時間をのーんびりと過ごす、という場所でもあるのですが、


この「大洗港フェリーターミナル」も、残念ながらレストランなどの営業はありません。ただ、「大洗マリンタワー」の近くにショッピングモールのような場所があって、そこには色々なお店があるので、お腹が空いた方はそちらに行けば大丈夫です。

あ、写真には全く写っていませんが、売店は絶賛営業中です。というわけで、ここでアイスモナカをいただいたのでした。スプーンいらないし、食べやすいし……。

日本の色男、現る

そして、待合室の柱にどーんと貼ってあったのがこちらのポスターでして。


海上保安庁のポスターなのですが、いやいや、日本の色男の制服姿です(笑)。ちなみに、何故このポスターにこの方が? というと……


「平成24年 海上保安庁 118番イメージモデル」なのだそうです。ふぅむ。「118番イメージモデル」ですか……。世の中にはいろんなイメージモデルがあるものですね、と再確認した次第です。

乗船待ち

さぁ、それでは乗船の準備をしましょう。車を乗船待ちの列に停めれば OK です。


先ほどの渡り廊下の下をくぐって、左に行けば……


お。すでに何台かの車が停まっていますね。後ろに並ぶこととしましょう。


「乗船案内」によれば、車両甲板への積み込みは 17 時頃に開始とのこと。まだ 1 時間近くありますが、車内でのーんびーりとしましょうか。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク