2013年6月17日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第40回「(ご当地)のために!」

 


続・沿岸バス探訪

羽幌町にある「沿岸バス」の本社を……


とりあえず外から眺めて満足したので、再び車に乗って、かつて羽幌駅があったと思しきところに行ってみます。


この道が、かつての駅前通っぽいのですが、ずーっとまっすぐ行くと……


何やら、良くわからない建物が見えてきました。むかって右手に見えるこの建物が、どうやらバスターミナルのようです。こちらですね。



続・あの人

さて、ここから先は国道 239 号線の「霧立峠」に向かいます。ということなので、いったん苫前まで戻ろうとしていたところ……


どこかで見かけたポスターが。そう、留萌の街中で……


留萌のために!」と大書してあったのを見たのですが、こちらのポスターをよーく見ると……


しっかりと「羽幌のために!」になっていますね。地域密着型ポスターでしょうか(苦笑)。

特急はぼろ号

そんなこんなで、苦笑いしながら国道 232 号線を南に戻っていたところ……


沿岸バスの「特急はぼろ号」とすれ違いました。現地に行って驚いたのは、沿岸バスが思った以上に大企業だったことでして……。本社とは別のところに、立派な車庫もありましたしね。

再び、苫前へ

さて、再び苫前に戻ってきました。


相変わらずフレンドリーなカントリーサインですが……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク