2013年6月20日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第43回「霧立のぼる秋の昼下がり」

 


ぺてうこぴ!

国道 239 号線を霧立峠に向かいます。


「二股橋」という橋がありました。何の変哲も無い橋なのですが、おそらく、このあたりの地名が「二股」なんでしょうね(未確認ですが)。道内各所にある「二股」という地名ですが、アイヌ語の「ペテウコピ」を意訳した例が少なからずあると想像しています。

「ペテウコピ」が気になった方は、http://www.bojan.net/2013/01/06.html もご覧ください。

霧立のぼる秋の昼下がり

この日は 9 月最初の日曜日だったのですが、国道 239 号(霧立国道)の交通量はそれほど多くありません。でも……


ツーリング中のご一行とすれ違ったりしたので、まぁ、こんなものなんでしょうか。

さて、霧立峠に到着です。


一応、駐車場はあるようですが、他には何も無いようですね。美幌峠や根北峠もこんな感じだったでしょうか。

巨大なペースカーに先導されて

霧立峠を越えて、ここからは添牛内に向けて坂を下っていくのですが……


おっととと。日曜日なのにご苦労様です。まぁ、この先はカーブも多いですし、のんびりと大型車の後ろを走りますか……。



幌加内町添牛内

大型車の後ろをのんびりドライブすること 7~8 分で、幌加内町添牛内にやってきました。


右に曲がると、幌加内の中心地を経由して北竜町(ひまわり推し)碧水に戻ってしまうので、もちろんここは左折です。


「添牛内こ線橋」を通過します。「跨線橋」ですが、今は下には何もありません。かつての JR 深名線が、この下を通っていたみたいです。

朱鞠内湖へ!

約 2 km ほど、国道 239 号と国道 275 号の重複区間でしたが、次の交差点で重複区間はおしまいです。左折して朱鞠内湖に向かいます。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク