2013年6月26日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第47回「我、逡巡ス」

 


我、逡巡ス

先日から何度もご覧いただいているこの地図なのですが……


地図の右側、「弥生」という地名のところに「ゴール」のマークがあるのですが、このあたりをドライブしながら、内心、いろいろと葛藤していたのでした。

朱鞠内から蕗の台経由で母子里に?

その葛藤とは何? という話ですが……。まずはこちらの写真から。


これは、地図の (2) の地点(朱鞠内)での案内板です。まっすぐ(即ち朱鞠内湖の西側)を行けば、「蕗の台」に行けるように読み取れます。続いてはこちら。


これは、(4) 地点(母子里)の案内板なのですが、母子里から西に行けば、「蕗の台」に行けると読み取れます。

つまり。朱鞠内から蕗の台経由で母子里に抜けることもできたのではないか、と後悔していたわけです。このあたりは遅くまで雪が残っているので、今の時期で無いと通過は困難でしょう。このチャンスを逃すと次は無いかもよ? と思ったわけです。

しかし、この日はどうしても 18 時までにホテルにチェックインしないといけません。母子里から稚内までは約 217 km。少なくとも 4 時間は見ないと危険です。そしてこの時点で 12:30 でした。……まだ 1 時間強の余裕がある計算です。

朱鞠内に戻ることを決心しました。



蕗の台へ!

およそ 30 分で朱鞠内に戻ってきました。ここからは、道道 528 号を通って蕗の台に向かいます。


この先には木橋があるのですね。「湖月橋」「湖畔橋」という、何とも風情のあるネーミングです。「重量制限」と書かれると結構びびってしまいますが、うちの車は 1.5 t ですから、総重量 14 t にはほど遠いので全く問題無いです。


この道は、「雨竜第一ダム」や「朱鞠内道立自然公園」へのアクセスロードなので、ご覧の通り、とても快適な道です。


そして、ダムや自然公園に向かう人は、ここで右折です。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク