2013年7月12日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第59回「200R の急カーブ!」

 


中頓別から浜頓別へ

中頓別から浜頓別に向かって、国道 275 号線をゆきます。


少しずつですが、前方の山が開けてきたような感じがします。オホーツク海が近づいているのでしょうか。……と思いきや。


何やら前方にものすごい急カーブが迫りつつあるようです……が、よーく見ると


「曲線半径 200 m」とあります。これは 200R のカーブなのですが、つまり鈴鹿の 130R よりも緩いカーブなわけでして……。全然「急カーブ」の内には入らないと思うんですけどね(笑)。


トンネルあり走行注意

そうかと思えば、今度は「トンネルあり 走行注意」です。


そりゃあトンネルくらいあるだろう、と思ったのですが、


「トンネル内 幅員減少」ときました。これは確かに注意喚起の必要がありそうです。

確かに幅員減少!

そして、これが問題の「寿トンネル」なのですが……


うわぁ、こりゃあ確かに狭いですね。見た目は新しそうなのですが、明らかに一昔前の規格です。大型バス同士の離合は少々気を遣いそうです。まぁ、上高地(長野県)のあたりよりはマシでしょうけど……。

トンネルの中は……


はい。とても幻想的でした(←)。

浜頓別町下頓別

頓別川にかかる橋を渡ると、浜頓別町に入ります。


対向車線をトラクターが雄壮に走っていますが、後ろに引っ張っているものは何でしょうね。


浜頓別町下頓別にやってきました。ここを右に曲がると道道 586 号線で、少し進んだところに「ウソタンナイ砂金採掘公園」なるところがあるのだとか。いやー、「砂金採掘」と書いてあれば寄ってみたのになぁ~(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク