2013年8月27日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (88) 「桃には種がある」

 


桃には種がある

昨日も使用した写真で恐縮ですが、これが「桃岩」の全景です。


なぜ「桃岩」なのかは、この岩が「桃」に見えるという、実にそのまんまの理由らしいのですが、なんとこの「桃岩」には「種」もあるのだとか。ん、もしかして……


多分、これがそうなのでしょう。これは確かに桃の中に見えるアレですね(笑)。なかなか素敵なネーミングです。機会があれば由来も調べてみたいですね。

ようやく海沿いに

桃岩の麓で、再び右にぐるっと回って……


もいっかい右に曲がって、ようやく海沿いに下りてきました。

礼文島の西海岸には道路が通じてないところが多く、目の前に見えているあたりも道路が無い海岸です。その代わり、尾根沿いに道路が延びているみたいなのですが、それも 500 メートルほどで途切れてしまっています。礼文の西海岸は総じて断崖絶壁が多いですね……。



道道 765 号線を元地へ

さて、元地(もとち)に向かって海沿いの細い道をゆきます。もう防波堤が見えていますね。


たまにはこんなブラインドカーブもありますが……


少しずつ、建物が見えるようになってきました。


覆道も見えてきました。


センターラインも復活しました。少しずつではありますが、着実に整備が行われているようです。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事