2013年9月20日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (106) 「空港への道は険しくて見落としがち」

 


おおそなえ

さてさて。「江戸屋」からものの数分で、久種湖の近くの「大備」まで戻ってきました。久種湖の畔にはキャンプ場があるのですが、


この絵は……そういうことですよね。わかりやすい!

船泊村の中心地

さて、嘗ての船泊村の中心地にやってきました。


さっきは右の方から、道道 40 号線を経由して船泊までやってきました。ですのでここはもちろん左折して、空港を目指します。

あなたの町の郵便局

左に曲がると……


おお! あなたの町の郵便局が見えてきました。このユニバーサルサービスぶりは大事にしないといけませんよね。

村社 礼文神社

で、郵便局からちょいと先の方に進むと……


またしても、鳥居が見えてきました。ただ、今回はちょっとレベルが違うような感じもします。というのも……


こんなに立派な石段まで。それもそのはず……かもしれないなぁと思ったのが、


この名前。「礼文神社」とあります。「村社」とあるので格付けはそれほどでも無いのかもしれませんが、いえいえ中々立派なお社に見えます。

空港への道は険しくて見落としがち

礼文神社の前を通り過ぎると、道も少し広くなりました。


北に向かって走っていたのですが、この先の道を右に行けば礼文空港に行けるようです。何やらスロープのような道がありますが、もちろんあの道ではなくて……


……と思ったら、やはり、あのスロープのような道が正解でした(汗)。空港への道にしてはちょっと狭くないですかこれ(汗)。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事