2013年9月30日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第107回「礼文空港」

 


「空港通り」をゆく

礼文空港に向かって車を走らせます。本来だと「空港通り」とでも言うべき道の筈ですが、センターラインも無かったりします。


それでも、このように色々な種類のアンテナがあるのは空港っぽいですよね。


滑走路が見えてきました。確かにここは空港です。


周りには草が生い茂っていますが、滑走路の邪魔をするほどではありません。



空港ターミナル

空港ターミナルの前にやってきました。


「立入禁止」の立て札が見えますね。この空港はご存じの通り、2003 年に定期便が無くなってしまい、その後 2009 年 4 月から 2015 年 3 月まで「休止中」となっています。この状況から言って、やがて廃止されてしまいそうな感じですけどね……。



漁村の空港の厳しい現実

さて、礼文空港の滑走路を脇目に見ながら、幌泊の集落に向かいます。


何やら重機がありますが……これは港湾工事用のものでしょうかね。


幌泊の集落に入りました。ご覧の通り、商売っ気はゼロです。


フェリーターミナルがある香深には、役場や金融機関、学校や宿泊施設などがあって、いかにも「街で一番の繁華街」といった雰囲気が出ていたのですが、ここ幌泊はどう見ても普通の漁村です。香深からは車で 30 分もかからないのですが、飛行機なので当然もろもろの手続きも煩雑になるわけで……。

まぁ、結論は「失敗」でしか無かったわけですが、この失敗はきちんと科学的に分析をして、同じ轍を踏むことの無いようにしたいものです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク