2013年11月27日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第148回「『利尻ゲンゲ』に『リシリヒナゲシ』」

 


「利尻ゲンゲ」に「リシリヒナゲシ」

ペシ岬遊歩道から、とうとう鴛泊の町に下りてきてしまいました。


コンクリートの擁壁に、花のパネルが張られています。たとえば……


こんな感じで。左から「利尻ゲンゲ」「ハマナス」「リシリヒナゲシ」「利尻リンドウ」「エゾスカシユリ」「エゾツツジ」だそうです。

鮮やかに咲き誇る

「かのう亭」さんの前まで戻ってきました。


歩道の脇で咲き誇っているこの花は、一体何の花なんでしょうね。



ここからは車で

ようやく車に戻ってきました。


気温は 21 度。やっぱりちょっと涼しくなってきましたね。ペシ岬の頂上付近ではもっと寒かった筈です。


というわけで、これから時計回りで(前日とは逆方向)利尻島をひと周りしてみます。


湾内から鬼脇まで 15 km、仙法志まで 25 km は何となく理解できるのですが、沓形まで 37 km というのは結構意外な感じですね。時計の針で言うと 12 時の方向から 45 分の方向までグルっと回ることになるのですが、37 km しか無いのですね。

まずは姫沼へ

では、昨日は時間切れで場所チェックだけで終わった、姫沼探索に行ってみます。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク